矯正歯科

歯並びでお悩みの方のために歯を抜かない矯正治療なら

ようこそ、三重県伊賀市・稲浜歯科医院のホームページへお越しくださいました。
このホームページをご覧いただいてる方は、歯並び、歯列矯正に関心をお持ちの方々だと思います。

『いくらぐらいかかるのだろう』
『装置をつけるのは痛くないんだろうか』
『何年ぐらいかかるの』

皆様、様々なお悩みを少しでもお持ちだと思います。

そんな皆様の不安や悩みを少しでも解消できればと思います。

当医院の一番の特徴は、『歯を抜かない』ことを心がけている事です。

一般的な歯科においては、第一小臼歯という歯を抜いて治療する場合が多いのですが私たちは、患者さんに心から喜んでいただけること満足していただけることをモットーにしています。
歯を抜くことに抵抗があり矯正を始められない方のためにも『歯を抜かない』ことを心がけています。

また、無料矯正相談も行っています。ホームページをご覧になられてもっと詳しい話が聞きたいと思われた方は、是非一度無料矯正相談をご予約下さい。

矯正治療の目的と歯並びが悪いことでの弊害

矯正治療には、大きく分けて2つの目的があります。

【審美面】
 外見的な美しさを得ること。
【健康面】
 歯並びが悪いとことによる障害や精神的な問題を改善すること。


歯並びが悪いことで次のような様々な弊害が起こります。

 見栄えの劣等感により精神的な負担から積極性に欠けてしまう。
 歯ブラシが行き届かない場所が出やすく虫歯や歯周病になりやすい。
 噛み合わせのバランスが崩れ顎の痛みや肩こりなどの症状が出る。
 食べ物を上手く噛めない(咀嚼機能障害)
 言葉がはっきりしない(発音障害)

非抜歯矯正

当医院では、まず非抜歯から矯正治療を考えていきます。

今まで日本で行われてきた矯正治療では、小臼歯という奥歯を4本必ず抜いていました。これにより、後戻りが大きくなったり、矯正治療後、前歯はきれいに並んでも奥歯がきちんと咬めないということが起こっていました。稲浜歯科では歯を抜かない歯列矯正を第一選択として患者様にお薦めします。

矯正治療を始める時期

 子供の場合

小学生から中学生までが1番ベストの時期だと考えます。
気になる方は、乳歯から永久歯に生え換わる混合歯列期(6歳〜12歳)にぜひご相談ください。
噛み合わせの状態によって矯正を始めるのに最適な時期が異なるからです。また乳歯が抜けて永久歯列が完成後、再び矯正治療が必要な場合もあります。



 大人の場合

顎や歯の状態が良ければ、年齢は基本的に関係なくいつでも可能です。
ただ、年齢とともに歯が動きにくくなってきますのでお悩みの方は早期治療をお勧めします。
  

マルチブラケット矯正

歯列矯正では、幅広く利用されている手法です。
金属性のワイヤーを利用して、デコボコになっている歯並びを少しずつ改善していくことになります。

歯科矯正

床矯正とは
あごを拡げて歯を並べる『保存』の立場に基づく出来る限り歯を抜かないようにするための
矯正になります。
床を使った矯正治療で取り外しのできる装置です。

床矯正の良いところ
・取り外しのできる矯正装置です。そのため、子供でも虫歯管理しやすいので虫歯になりにくいです。
・負担が顎や歯に少なくて済みます。
・早期であれば、治療負担も少なくすみます。

まずはご相談を
『おおごと』にならない前に手当するのが早道です。
『おかしい?』と思った時が治療開始のタイミングなのです。

ご気軽にご相談下さい。

Email info@inahama.eei.jp

アクアシステム矯正

アクアシステム矯正とは
金属の装置やワイヤーがない矯正治療です。
取り外しができるため虫歯になりにくいです。
透明のマウスピースでの矯正のため、審美的にもすごく良く、違和感も少ないです。

お気軽にご相談下さい。

Email info@inahama.eei.jp

症例1(治療前)

向かって右側に歯ぐきの中に1本歯があります。(少し白くなっている所です)

症例1(治療後)

1本も歯を抜くことなく矯正治療しています。